セリアの「金ピカ美人」でシルバーアクセを磨いた結果…【100均商品レビュー】

100均DIY・活用術

シルバー磨きっていろいろなタイプがあって、どれが良いのか判断するのが難しいですよね。

加えて、お世辞にも安いとは言えない商品も多い…。

磨きたいもんはあるけどどうにか安くすませられんかなぁなんて考えていたところ、オシャレ100均ことSeria(セリア)で、みがきクロス『金ピカ美人』なるものを発見しました。

そこで今回は、この『金ピカ美人』なる商品の使用感や使った結果、使ってみての率直な意見などをできるかぎり詳しくレビューしていきたいと思います。

今回レビューするシルバー磨き

この記事でレビューするのはコチラです。

三十路のオタクが単独突入するにはやや抵抗があるオシャレ100均こと、Seria(セリア)の「金ピカ美人(みがきクロス)」という商品です。

 

汚れ・くもりをきれいに解消!

⇑パッケージより一部抜粋⇑

 

ちなみに、シルバー磨きといえば『クロス』『液体』『粉末』など、いろいろな形態がありますが、金ピカ美人はクロスタイプですね。

念のため、もう少し詳しく紹介しておきます。

 

店舗・価格・本体

店舗:Seria(セリア)

価格:100円

本体:5cm x 10cmのハードタイプクロス1枚

内容品はメガネ拭きよりやや厚めの布が1枚です。

 

シルバー磨きが置いてあったコーナー

私が購入した店舗では、工具・ハンドメイドアクセのパーツ類などが置いてあるコーナーの脇に置いてありました。

全店舗共通か定かではないので参考までに…。

 

成分

綿布 / 超微粒子研磨剤 / ワックス / 高級脂肪酸

みがきクロスですが、やはり研磨剤は入っていますね。

なお、パッケージ裏面にはこうあります。

金メッキ・銀メッキの製品は被膜が薄いので、磨きすぎないように注意してください。

注意書きもされていますので、高価なメッキ製品・キズが付くと困る製品への使用は念のため控えたほうが無難かもしれません。

 

シルバーアクセを磨いてみた

簡単な紹介も済ませたところで、いよいよ磨いていきましょう。

今回磨いたのはコチラです。

シルバーのカフスボタンですね。

久々に友人の結婚式にお呼ばれしたため、数年ぶりに棚から引っ張り出したところ、見事にくすんでいらっしゃいました。

手前(下)のにいたっては、くすみを通り越して若干黄色くなってきている始末…。

こんなヒドイ状態のものが100均商品でキレイになるのかと少々疑念を抱きながらも、やってみないことにはじはじまらないのでとりあえず磨いてみました。

その結果…。

違いを見るためにまずは片方だけ磨いた状態がこんな感じです。

 

ヤバくないかこれ?!( ゚Д゚)

 

磨いたのは言うまでもなく左側なのですが、実はこれ、ひとつ前の画像では手前(下)に置いている黄ばみがヒドかったほうなんですよ。

つまり、黄ばみ・くすみがすごかったほうがキレイになりすぎて、黄ばみが少なかったほうの黄ばみが目立ってしまっているという状態です。

さすがにここまでキレイになるとは想像もしていませんでしたね。

「金ピカ美人」を使って感じたこと

感じかたには個人差があるはずなので参考になるかは分かりませんが、今回私が「金ピカ美人」を使ってみて思ったことを正直に書いておきたいと思います。

良かった点

これは言うまでもなく『コスパ』ですね。

100均(セリア)でこのクオリティ、何の文句もなしで買いな商品なのではないかと思います。

パッケージ裏面に「軽くみがくだけで~」とある通り、力もさほど入れずに磨くことができる優れものです。

ちなみに、画像で紹介したカフスボタン以外(シルバーネックレス・シルバーリング・10円玉)もいろいろ磨いてみたのですが、それらも総じてピッカピカになりました。

 

いまいちな点

結果に満足している私としては特に不満はないのですが、それでもあえて挙げるのであれば下記2点かなぁという感じです。

手袋しないと手は汚れる

クロス自体にワックスが塗布されているからか、少し磨くだけでクロス本体と手は汚れます。

カフスボタン1つ磨いた後のクロスがこんな感じです。

手の画像は撮り忘れましたが手もけっこう黒くなるので、使用する際は手袋をしておいたほうが良いかもしれません。

とはいえ、これはパッケージに注意書きで下のように記してあるのを見逃して使った私の落ち度なんですけどね。

金属類をみがきますと、本品(金ピカ美人)が黒くなりますが、効力はほとんど変わりません。

商品自体が悪いわけではなく、注意書きにも記してある仕様なのでここに書くか迷いましたが、パッケージには手が汚れるとは書いてないので一応紹介しておきます。

 

高価なもの・メッキには向かない

『24金は使用不可』『被膜の薄い金メッキ・銀メッキは磨きすぎないように注意』とパッケージにもある通り、高級品やメッキ類には不向きな感はありますね。

というのも、ピカピカになるといえどやはり研磨剤なので、くすんだ部分を削ってキレイな部分を出しているわけです。

私が磨いたカフスボタンなどは、目視で確認できるようなキズは一切付きませんでしたが、念のためにキズが付いたりメッキが剥がれて困る商品には使用しないほうが良いのではないかと思います。

 

最後に…

長くなりましたが、Seria(セリア)のみがきクロス「金ピカ美人」のレビューでした。

シルバー磨きは1000円近くする商品も多々ありますが、ハッキリ言って100均商品「金ピカ美人」のクオリティはまったく引けを取らないレベルかと思います。

ただし研磨剤が入っているので、キズ・メッキ剥がれなどが不安な場合は裏側などで少し試してから表面に使ったほうが良いかもです。

 

今後100均で面白いものがあればまたレビューしていきたいと思います。

では、今回はこの辺で!

 

タイトルとURLをコピーしました