アニメ目的で動画配信サービスを探している方向けの徹底比較!

WEBサービス

こんちわ!

唐突ですがつい先日、はじめて「動画配信サービス 比較 アニメ」とグーグル神にお尋ねしてみたんですよ。

そして最初の10記事をとりあえずすべて拝見したんですが、そのうち半数以上はまったくもってアニオタというものを分かっていないではないか!!

 

ぬるい!

ぬるすぎる!

オタクが知りたいのはそこではないぞ!

 

同じようなことばかり書いてあるし、読んでいるうちにマジで二言三言モノ申したくなった。

しかし、いちいちイチャモン付けるくらいなら自分で書いてみようという気になったので、アニメ目的で動画配信サービスを探している方に向けた徹底比較記事を全力で作りました。

 

ちなみにですが、私は年間50タイトル以上、ここ5年で400タイトル以上、仕事中もほぼほぼアニメを横目で観ているので、複数回視聴しているアニメはもはや数知れずという重症患者です。

地方住みの俺は、アニメが観られるVODがないともう生きていけないんだぜ。

そして、ここでは私が今現在実際に使っている(過去に使ったことがある)動画配信サービスしか紹介していません。

ゆえに、

  • 各サービスの強み
  • イマイチな点
  • どんな人に向いているか

などを、よりオタク目線でどこよりも詳しく力説できる自信あり!

 

この記事がアニオタ同志諸君・最近アニメにハマったという方の自分に合った動画配信サービス探しに少しでも役立てば幸いです<(_ _)>

では早速!

今回比較するVODと簡単な紹介

今回比較する動画配信サービスは、アニメおよび付随するコンテンツに強いこの6社です。

  • dアニメストア
  • U-NEXT
  • hulu
  • music,jp
  • Amazonプライムビデオ
  • アニメ放題

ちなみに私自身、すべてお試し登録は体験済み、赤字にしている動画配信サービスは今も有料会員で継続利用中のサービスです。

お金を払ってまで使い続けているということは…って感じですがそれはひとまず置いておき、アニメに関することメインで基本情報から比較していきましょう!

値段・無料期間・アニメのタイトル数

1ヶ月の値段(税別)無料期間アニメの数
dアニメストア400円31日2,800以上
U-NEXT1,990円31日2,250
hulu933円2週間約700
music.jp1,780円30日※1
Amazonプライムビデオ500円30日700以上
アニメ放題400円1ヶ月1,600以上

※ 2019年7月時点での独自調査情報です。

※1 完全見放題ではないため記載なし

取り扱いコンテンツの比較

動画電子書籍音楽
dアニメストア××
U-NEXT×
hulu××
music.jp
Amazonプライムビデオ※1※1
アニメ放題×※2

※1 別サービスですが、プライムビデオ入会で使えるようになります。

※2 ほんのおまけ程度に用意されています。

配信されているアニメ動画の傾向

深夜アニメキッズ向け見逃し配信劇場版
dアニメストア
U-NEXT
hulu
music.jp
Amazonプライムビデオ
アニメ放題

※ 配信のほか、プランによっては「プリプリ☆キッズステーション」という子供専門のアニメチャンネルが見放題となります。

独占配信アニメの数・タイトル例

充実度
dアニメストア★☆☆☆☆
U-NEXT★★★☆☆
hulu★☆☆☆☆
music.jp
Amazonプライムビデオ★★★★☆
アニメ放題ほぼない

各VODが独占配信をしている(していた)アニメや独占傾向はこんな感じです。(サービス名を押すと詳細が開きます!)

dアニメストア

アニメ配信数1位のdアニメストアですが、意外なことに独占のタイトルはかなり少ないです。

  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 舞台 プリンス・オブ・ストライド
  • さくら荘のペットな彼女

etc

U-NEXT

U-NEXTの独占は”タイトル”というより、”時期”に力を入れている傾向があり、特に円盤発売前の劇場版アニメの先行配信などはダントツの数を誇ります。

かと言って、独占アニメがまったくないというわけでもなく、今期(2019年夏)でいうと「スタミュ(第3期)」などはU-NEXT独占の動画配信予定です。

hulu

近々でいうと、「タッチ」が先行独占配信となっていたくらいで、独占配信には力を入れていないように感じます。

music.jp

music.jpは見放題タイトルより毎月貰えるポイントでレンタルする作品が多いため、比較が難しいというのが現状です。(システムの詳細については後述します)

ただ、ポイントでレンタルする作品まで含めた場合は独占タイトルは書ききれないほど多くなっています。

Amazonプライムビデオ

アニメの印象が薄いプライムビデオですが、今回比較対象にしている6社の中ではもっとも深夜アニメの独占配信に力を入れています。

ここ数年で一時期でも独占配信をしたタイトルの一部↓

  • いぬやしき
  • ドメスティックな彼女
  • 寄宿学校のジュリエット
  • 恋は雨上がりのように
  • ヲタクに恋は難しい
  • BEATLESS
  • 魔法少女サイト
  • 昭和元禄落語心中
  • メイドインアビス
  • 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-
  • 結城友奈は勇者である-勇気の章-

etc

アニメ放題

残念ながらアニメ放題には、完全独占タイトルというのはほとんどありません。

実は私が一番はじめに契約したのはこのアニメ放題だったんですが、それが原因で解約して違うサービスに乗り換えたという過去があります。

※ 遅れて他社が配信開始した作品も一部含まれていますので、あくまでこれまでの傾向としてお考え下さい。

それぞれで、かなり一長一短な部分があることがお分かりいただけたと思います。

ここからは、各動画配信サービスならではの特徴を”アニメ好き目線で”徹底的に紹介していきますぜ!

dアニメストア

良い部分

  1. タイトル数は2,800以上!(国内No.1)
  2. 安い!(月額400円)
  3. スタッフ/声優/制作/年代でも検索可能!
  4. 声優さんのライブや番組も少しある!
  5. ↑バックグラウンド再生で音だけでも楽しめる
  6. OPスキップがある

3.の検索は、好きな声優さんや同時期に放送されていたアニメを一気に網羅できるので、地味ですがかなり便利デス。

各タイトル、こんな感じで表示されていて、押すと関連に飛ぶようになっています!

この機能自体は他社にもあったりしますが、dアニメストアはなにせ作品数が多いため、気分によってここからサーフィンして大量の作品を探せるのは良い感じですよ。

また、5.のバックグラウンド再生は「アニメ観るのにこんな機能いらんがな」と思ってたんですが、ダウンロードしておけば通信量なしでライブを出先で聴けることに途中で気付いてしまった…。

曲飛ばしもできるので、私はかなり重宝しています!

 

イマイチな点

  1. 独占タイトルが少ない
  2. HD画質対応だけど、HD未対応動画が多い
  3. 決済方法が少ない
  4. 複数端末での同時視聴不可

安いから文句は言えんけどね、でも…。

アニメの配信数は1位で値段も安いんですが、実はイマイチな点もあるにはあります。

一番ネックになるかなと思うのが、ドコモユーザー以外はクレジットカードがないと契約できないという契約時点での問題です。

ただこれは回避できる方法がないわけではありません。

詳しくはコチラの記事でまとめています!
【dアニメストア】支払いに使えるデビットカードと使えないデビットカードカードまとめ
...

 

意外と知られていないこと

  1. ドコモユーザー以外も契約できる
  2. パソコンなら倍速再生できる
  3. 作品リクエストがある!

補足したいのは3.ですね。

私はリクエストをしたことはないのですが、Twitterを眺めていると結構している方も多いようで、しかもけっこう採用されているみたいなんです!

  • dアニメストアにメダロットもメダロット魂もプラネテスも追加されてて地道にリクエストしまくってきてよかったあああああと思った!!!!
  • Dアニメストアでぼくらのが6月14日に配信開始されていた! リクエスト意外と聞いてもらえるのか…
  • dアニメストアに「姫ちゃんのリボン」リクエストしたらいれてくれたわ

すでに配信タイトル数はぶっちぎり1位なのに、ユーザーのリクエストも聞いてくれる。

神かなdアニメストアは?

 

どんな人にオススメ?

  1. 格安でとにかくアニメだけ見まくりたい人
  2. ドコモユーザーorクレカ持ちのアニメ好き
  3. 声優ライブ・番組にも興味がある人

 

U-NEXT

アニメ配信ではdアニメストア1強の時代の今、「ちょぉぉぉと待ったぁぁぁぁ」と猛追しているのがU-NEXT。

ものすごい勢いでアニメの配信数はdアニメストアに近づいてきていますし、「ポイント配布」「電子書籍もある」などなど、総合的に見たときのオタク向けコンテンツの充実度はトップクラスです!

良い部分

  1. 見放題タイトルが2,250!(国内No.2)
  2. ポイントが毎月1200円分貰える!
  3. ↑で原作漫画・ラノベもタダで読める!
  4. 2.5次元舞台・ライブ・声優番組も豊富!
  5. アニメ以外が観たいときもかなり使える!

昔はdアニメストアに遠く及ばなかったけど、正直あと少しタイトル数増えたらワイはdアニメストア解約しちゃうかも…。

そんなレベルでオタクコンテンツへの力の入れ具合がスゴイU-NEXT。

何と言ってもデカいのが、月額料金の1,990円の半分以上である1,200円相当のポイントが毎月必ず配布される点!

それを使って原作マンガ・ラノベも読めるし、映画の割引チケットにも交換できるので、それを加味すると実質800円程度で毎月利用できるようなシステムになっています。

でも、どうせ漫画もラノベも人気作や最新作はないんでしょ?

そう思ったそこの君、これをご覧あれ。

  • マンガ⇒70,018冊!
  • ラノベ⇒12,857冊!

これがバッチリあるんすわ。

最新の超人気作もほぼすべて揃っています!

この記事作成時点(2019年7月)のマンガ上位はこんな感じデス!

マジでこれはデカい!

しかもけっこうセールがあったりするので、1,200ポイントあれば吟味すると10冊前後のマンガ・ラノベとの交換も可能です。

月額はけっこうお高めですが、アニメ好きで漫画もラノベも1度も読んだことない人はかなり少ないかと思います。

むしろ頻繁に買う人の方が多いはず!

1,200ポイントが書籍に変わると思うとそこまで高くは感じないでしょうし、実際に私も2年近く使ってきてU-NEXT高ぇなと思ったことは一度もないです。

 

イマイチな点

  1. 見放題対象外のタイトルもある
  2. 4K対応だけど4K動画は少ない
  3. ドルビーオーディオ対応作も少ない
  4. 無料お試しで貰えるポイントは半分(600円分)

絞り出したけど、どう考えてもこれだけしか出てこなかった…。

ここで補足しておきたいのは、1の「見放題対象外のタイトルもある」です。

実はU-NEXTは月額料金だけで見放題の作品と、追加料金がいる(貰えるポイントでも購入可)作品の2種に分かれています。

ちなみにポイントが必要な作品は、アニメでは超最新の劇場作が中心で、放送中のアニメの見逃し配信などはもちろん見放題の方に含まれていますのでご安心を!

 

意外と知られていないこと

  1. 購入した漫画・ラノベは解約後も見られる!
  2. 円盤発売前の劇場アニメも配信される(有料)

まずは1のお話。

私は1度も解約したことがないので実は知らなかったんですが、無料お試し登録で貰えるポイントで購入した漫画・ラノベ・映像作品は解約後も閲覧可能になっているようです。

つまり無料体験をすると…

  • 31日間、2,250以上のアニメ見放題
  • 600円分ポイントがもらえる
  • そのポイントで漫画・ラノベも買える
  • 解約しても買った漫画・ラノベはずっと読める

太っ腹すぎだろ…。

そして2の「円盤発売前の劇場アニメも配信される」について。

そんなバカな!?って感じですが、これも驚くことにマジなんです。

たとえばこれ。

劇場版ダンまち オリオンの矢です。

ダンまち好きの方はご存知かもしれないですが、この円盤が発売されるのは2019年7月31日。

そしてこの記事を書いている日は2019年7月2日。

もうアルーーーー(゚∀゚)――!!

作品によって差はありますが、この場合はおよそ1ヶ月の大フライングなんです。笑

こんな時空の歪みがU-NEXTではわりと頻繁に起こります。

しかもこの手のフライングはほぼほぼU-NEXT独占。

見逃した劇場版をどこよりも早く見たい人にとって、この時空の歪みは嬉しいことこの上ありませんな。

 

どんな人にオススメ?

  1. アニメ&マンガ・ラノベも読む人!
  2. 円盤発売前のアニメ映画をフライングで観たい人!
  3. どうしても読みたい本があるけど手持ちが…な人

こんなこと言っていいのか分からないですけど、ぶっちゃけ漫画・ラノベ欲しさに無料体験を使うだけでも全然ありなんじゃないかと思いますね。

hulu

良い部分

  1. キッズ向けアニメが充実している
  2. 総合的なラインナップ的に家族共有がしやすい
  3. 検索機能は充実している
  4. 安価で見逃し配信はそこそこの充実度

正直に書くと、huluは深夜アニメ目的で選ぶ動画配信サービスとしては他社に劣る部分が多いかも。でも…。

大きいのは、キッズ向けアニメの充実度がかなり高いことですね。

自分はドラマや洋画しか見ないけど、

  • 娘・息子とキッズアニメを楽しみたい
  • 甥・姪にキッズアニメを見せてあげたい
  • 孫にキッズアニメを見せてあげたい

そんな方にはもっとも適した動画配信サービスだと思います。

ちなみに誤解なきよう言っておくと、深夜アニメ動画のトータル充実度自体は低めですが、放送中タイトルの見逃し配信に関しては他社独占以外の人気作は毎クールだいたい押さえられていますよ!

 

イマイチな点

  1. 深夜アニメのラインナップは多くはない
  2. 配信期間が短い作品がやや多め(配信期間が不明)
  3. 無料お試し期間がやや短い

2がどういうことかというと、多くの動画配信サービスは見放題対象作品を「〇〇年〇月〇日まで配信」という記述が作品ページにあるんですが、huluにはその記載がないんです。

それの何があかんねん?

と思われる方もいるでしょうが、これがないと「とりあえずウォッチリスト」ってしていた作品が、いざ見ようと思ったらもうなくなっていたという悲劇が発生します。

特に登録したてのときは「あれも!」「これも!」今度観ようって感じでとりあえずウォッチリストをする方が多いはずなので、動画配信サービスでは何気に重要な要素のひとつではないかと。

 

意外と知られていないこと

  1. 対応機器がかなり豊富
  2. リアルタイム配信がある

やっぱ動画は大画面に限りますな。

huluはスマホ・パソコン・タブレットなんかはもちろん、ゲーム機やインターネット接続が可能な国内主要メーカーのTVでも動画を観ることができます。

他の動画配信サービスもあらかた同じレベルの対応してはいますが、トップクラスなのはhuluですね。

 

どんな人にオススメ?

  1. アニメ以外も楽しみたい人!
  2. キッズ向け動画も多いVOD希望の人

残念ながら私は独り身であり、親族にも幼い子はいないので無料期間だけ満喫して解約することにしましたが、お子さんがいらっしゃるアニメ好きの方には間違いなく一番オススメのVODかと思いますよ!

hulu無料体験へ

 

music.jp

先に書いておくと、music.jpは月額料金だけでとにかくすべてが見放題の動画配信サービスを探している人には向きません。

でも、間違いなくオタク向けなんですわ。

その理由、たっぷりと書いていきます。

良い部分

  1. 月額料金より大幅に多いポイント付与がある!
  2. 電子書籍・音楽も超充実している!
  3. ↑マンガ・ラノベ・アニソンも大量にある!
  4. ↑は解約してもずっと使える!

music.jpは他のVODとは少し毛色が違って、「月額料金ですべてが見放題」というより「観たい作品を毎月貰えるポイントでレンタル(購入)して観る」に近いシステムになっています。

そして肝心の「ポイントがどれだけ貰えるのか」。

※1ポイント=1円分

要約するとこうです。


無料期間中
  • 動画に使えるポイントが1,500ポイント
  • 電子書籍・音楽にも使えるのが961ポイント

タダで合計2,461円分が使える!


無料期間終了の翌月から
  • 動画に使えるポイントが3,000ポイント
  • 電子書籍・音楽にも使えるのが1,922ポイント

月額1,922円(税込み)で4,922円分が使える!


ちなみに無料期間だけで解約しても、購入した漫画・ラノベ・音楽はすべて使い続けられます。

実は私、当初は無料お試しだけして解約するつもりだったんですが、無料体験の登録が終わって数分後にはその選択肢はもうなかった。。

だってさ…

  • 漫画・ラノベ・アニソンを月額料金分(1,922円)購入できる
  • それでいて動画は観たい作品だけ選んで3,000円分も観られる

こんだけ使えるんですよ?

実質タダ以上(+3,000円)みたいなもんです。

 

ちなみに、音楽は他社と同額で基本的に1曲250円のハイレゾ対応。

漫画・ラノベに関しては基本定価ですが、クーポンや割引も充実していて半額以下で買えることもしばしば。

ラインナップはすべてトップクラス。

ないもの探す方が難しいくらい。

 

はたしてこの状況で、他社の漫画・ラノベ・アニソンのデジタルコンテンツに毎月2,000円以上使っていた私に解約する理由があるだろうか。

どう考えてもなかったんだわ…。

↓無料体験はコチラから↓

※上のポイント数は当ページから登録された方限定の特典で、公式サイトから直接登録した場合は適応されないのでご注意ください!

イマイチな点

  1. 動画がすべて見放題ではない
  2. 動画ポイントは付与月いっぱいで失効する

これらが見放題を探している人には向かないと書いていた理由です。

基本的には毎月貰える動画ポイントで見たい作品を選んでレンタルする形になるので、「よっしゃー登録も終わったし観まくったる!」という方よりは「あれ見逃したからレンタルしよ」という方向きになります。

また、このページから登録した方は無料期間終了の翌月から毎月5,000ポイント弱が貰えますが、そのポイントは繰り越されずに当月中で失効するシステムです。

言うまでもなく使いきらなければもったいないので、電子書籍や音楽をそれなりに買う人で動画もそれなりに観る人でないと元は取れなくなってしまいます。

 

意外と知られていないこと

  1. 新作の配信はかなり早い
  2. ポイント還元がある
  3. 総動画数は業界最多クラス

見放題ではないですが、アニメ以外も含めた総動画数は18万本超え。

この数は国内のVODでは最多クラスです。

新作も豊富で配信開始が速いという強みもあるので、余っているポイントをそこらへんに使うことができるのはかなり大きなメリットだと思います。

 

どんな人にオススメ?

  1. アニメ&電子書籍or音楽も使いたい人
  2. とにかく見まくるというより観たい作品だけ見る予定の人
  3. どうしても読みたい本があるけど手持ちが…。な人

漫画・ラノベ・アニソンに使えるポイントは無料期間でも961ポイント貰えるので、とりあえず使ってみるのも全然アリかと思います!

music.jp無料体験へ

 

Amazonプライムビデオ

通販サイトAmazon.co.jpの有料会員「Amazonプライム会員」の特典のひとつであるAmazonプライムビデオ。

”おまけ”なんて言う人もいますが、オタクが会員でいることの強みはかなりあります!

良い部分

  1. 独占配信がトップクラスに多い
  2. 世間の動向にかなり敏感!
  3. そもそもプライムビデオ自体がAmazonプライム会員の特典のひとつなので、同時に他の特典も使い放題になる

ここ数年は、毎クール最低1作品くらいのペースでAmazonプライム独占のアニメがあります。

特にマガジン系原作アニメやちょっとダークな感じのアニメの独占が多いですね。

Amazonプライムビデオ独占になった過去がある作品例
  • いぬやしき
  • ドメスティックな彼女
  • 寄宿学校のジュリエット
  • 恋は雨上がりのように
  • ヲタクに恋は難しい
  • BEATLESS
  • 魔法少女サイト
  • 昭和元禄落語心中
  • メイドインアビス
  • 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-
  • 結城友奈は勇者である-勇気の章-

etc

 

また、世間の動向にもかなり敏感だと私は感じてます。

ひとつ例を出すと、この記事を書いているのは2019年7月1日なんですが、前日の6月30日にテレビで「君の名は。」が放送されるやいなや、翌日にはもう新海誠監督の4作品が見放題に追加されていました。

こういう見逃した方の需要に応えていくスタイル。

私はめちゃくちゃ好きです。

 

そして一番デカいのが、3の「プライムビデオはAmazonプライム会員のサービスのほんのひとつである」という部分。

趣旨が逸れるので具体的な話は割愛しますが、プライム会員になるとプライムビデオを含む特典18個がすべて使えるようになります。

詳しくはコチラで解説しています。
値上げしたAmazonプライム会員に月額500円の価値はある?徹底解説します!
...

特典には、Amazonでの買い物時の送料無料や、漫画やラノベも読み放題になる「プライムリーディング」、アニソンも豊富な「プライムミュージック」も入っています。

それで月額たった500円というコスパの高さ。

もう断言しますが、オタクで元が取れない人は絶対にいないレベルです。

Amazonプライム会員、アニメ・漫画オタクで会費の元が取れない人0人説
...

 

イマイチな点

  1. 年払いの方が安い
  2. 学生だけ超好待遇

Amazonプライム会員は、契約時に「月払い(500円)」か「年払い(4,900円)」を選ぶシステムです。

そして学生はprime studentという特別待遇があり、そこからさらにぶったまげるくらいの割引があります。

prime student適応の場合
年間プランだと…4,900円 2,450円
月間プランだと…500円 250円
無料期間入会日から30日間 6か月
初回請求日と金額無料期間終了日に年会費全額

学生さん羨ましすぎ…。

ただの僻みみたいになりましたが、学生さんだけがこんなにお得に使えるこの不平等感は俺みたいに貧乏な大人には「なんだかなぁ」ってなるよって話です。笑

 

意外と知られていないこと

  1. クレジットカード以外の支払い方法が豊富

Amazonプライムの支払い手段は全動画配信サービスの中でも最多クラスで、「クレジットカード」はもちろん「携帯決済」「ブランドプリペイドカード」「Amazonギフト券」などなど超豊富です。

VISAなど国際ブランド付きののデビットカードも使えます。

クレジットカードなしで入会できるのはかなり大きいですね。

 

どんな人にオススメ?

  1. 普段からAmazonを頻繁に使う人
  2. 安価でアニメ・アニソン・漫画を満喫したい人

正直、各々の配信数は専門サービスには敵わない部分もありますが、それでもコスパは抜群の超優良サービスです!

 

アニメ放題

良い部分

  1. とにかく安い!(月額400円)
  2. タイトル数もそこそこ多い
  3. キッズ向けも充実している

最大の魅力は”安い”という点です!

dアニメストアと同様のアニメ専門の動画配信サービスで、値段も同じ。

約2,800vs約1,600という感じでタイトル数は負けていますが、dアニメストアよりキッズ向けのアニメが充実しているという点が強みとして挙げられます。

 

イマイチな点

  1. アニメ放題ならではという部分がほぼない
  2. 支払い方法がかなり少ない

上の方でも少しだけ触れましたが、実は私が1番はじめに登録した動画配信サービスはこのアニメ放題でした。

でも結局今は使っていない。

その理由は、”アニメ放題を選ぶ理由がない”という部分なんです。

良く言えばすべてが並なんですが、悪く言ってしまえばアニメ放題でなくてはならない理由がほとんど見当たらないんですよね。

  • タイトル数はそこそこある
  • 見逃し配信も人気作は押さえてある

でも、

  • 独占はほぼない
  • マニアックな作品には弱め
  • 機能面などはすべて中間くらい

といった感じなので、とりあえずそれなりの数のアニメが観られて安ければそれでいいって方以外には他の選択肢を取ることをオススメしたいというのが正直なところです。

 

意外と知られていないこと

  1. ソフトバンク以外も契約可能

元々ソフトバンクユーザー限定ではじまったこともあり、ソフトバンクのキャリアユーザーしか使えないと思われがちですが、実は誰でも契約なサービスに途中で変更になりました。

ただ、ソフトバンクユーザーは携帯料金と合算請求ができるのに対し、ソフトバンクユーザー以外は登録にはYahoo!JAPAN IDが必要で、クレジットカードも必要になってきます。

 

どんな人にオススメ?

  1. ソフトバンクユーザーの人(支払いの面で)
  2. 安価でとりあえずそこそこアニメが観られればいいという人

結局どこが1番オススメ??

さて、それぞれの動画配信サービスの特徴を良い部分も悪い部分も総まとめで書いてきたわけですが、結局どの動画配信サービスがアニメ好きには向いているのか!

ここまで見てきて、「これがいい!」と思った動画配信サービスが一番でしょう!

人それぞれ重視する部分は違うはずなので、自分の希望にもっとも近い動画配信サービスを選択するに越したことはありません。

 

ただ、参考までに私が現在進行系で使っている4つの動画配信サービスに関しては少しだけ助言させてください。

冒頭でもお伝えしたように、私は「Amazonプライムビデオ」「dアニメストア」「U-NEXT」「music.jp」の4刀使いなのですが、どうしても数を絞らなければいけない状況になったときは迷わずこうします。

とにかく安くアニメを見まくりたいなら「dアニメストア」一択!

レンタルDVDだと4本しか借りれない400円(税抜き)で、毎月2,800以上のタイトルが観れるんです。

もうね、安いなんてもんじゃない!!

アニメだけが目的なら最早「dアニメストアに敵なし」ですぜ。

  • 最速やテレビ放送と同時配信も増えてきた
  • 人気タイトルはほぼほぼ押さえてある
  • 操作性も簡単でサクサク観られる

私のように地方住みで、深夜アニメの地上波放送がでたらめに少ないという方には本当にオススメなサービスだと思いますね。

では、長くなりましたが今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました